ゲー音Line

ゲーム音楽サントラのレビューマラソン走破への軌跡!

プロキオンスタジオ系イベント ゲーム音楽イベント

『クロノ・クロス』20周年記念ライブを語る。~メイキング#1 打ち合わせ編~

投稿日:2020年2月27日 更新日:

メイキング第1弾公開!打ち合わせ編の見どころは?

2020年2月25日~2021年7月24日 U-NEXT配信

メイキング配信の概要

先日より配信されましたが、今回はメイキングも視聴することができるということで、早速確認しました。

「メイキング」と聞きますと、どんなものを想像されますでしょうか?

私が想像するのは、当日の舞台裏の様子であったり、リハーサルの様子だったりです。

しかし今回の配信は、意外にも打ち合わせ風景を配信するものでした。

そもそも、何故打ち合わせの場にカメラが入っている… 

という疑問を抱きながらも見ていくと、配信動画の最後まで打ち合わせ風景…

なかなか斬新なものになっており、驚きを隠せませんでした。

具体的な内容についてここで書いてしまいますと、せっかく光田康典さんの好意で貴重な映像を配信して頂いたところに水を差してしまうので、差し控えますが、

この記事では配信の見どころをお伝えできればと思っております。

配信の見どころ

見どころ①:演出の意図を知ることができる!


ライブの全体象としての話から始まり、各曲についても多くの曲についての演出に対する光田さんの考えを知ることができます。

本当にその考えの通りになるのか?本番ではどのような形式を取ったのか?と考えさせられますので、自然とライブを頭の中で振り返ることになります。

そして、結局またライブ本編の動画を見返したくなるという作りになっています。

要するに、ライブ映像を飽きずに何度も視聴できるようになりますので、ファンサービスのアイデアとして素晴らしいと思います。

見どころ②:光田さんのプロフェッショナルを感じることができる!


映像のことや音楽のことなど、聴き慣れない専門用語を用いてお話しされるプロフェッショナルとしての光田さんの姿を見ることができます。

20年経っても各曲の映像が具体的に浮かんでくる姿も、当たり前のようでいて実は凄いことのように私は思いました。

なお、難しい用語はテロップで解説も出ますので、興味深く見ることができます。

見どころその③:光田さんのファンや出演者への想いを窺い知ることができる!


ライブなので、蓋を開けてみると全てが上手く行くわけではないのですが、

どんなことが起こり得て、ファンからどんな声が挙がるのかというところまで考えていらっしゃるのが分かります。

そして、出演者についても一人一人が活躍する場面を思い描きながら、選曲や演出を考えているのだということが伝わってきます。

やはり、光田さんは優しいのだな、というのを再確認できるところがまた見どころになっています。

まとめ

私からお伝え出来ることはちょっと少ないですが、このくらいになります。

ライブに参加した方も、それが叶わなかった方もまずはライブ配信の方から見た方が良いとは思います。

しかし、このメイキングも見どころ満載、ファンサービス満載なので是非とも視聴して頂きたいです。

そして、繰り返しライブ配信を視聴して、クロノクロスの音楽をもっと好きになっていきましょう。

↓↓↓↓配信はこちら↓↓↓↓

U-NEXTクロノクロスライブ配信特設サイト

※ 第2弾の記事はこちらをご参照ください。

-プロキオンスタジオ系イベント, ゲーム音楽イベント
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『クロノ・クロス』20周年記念ライブを語る。~ハイレゾ音源を聴く~

ハイレゾ音源は出演者個々の音をより感じ取ることができる! 2020年6月24日~  moraにて先行配信開始! ライブ映像の方は現在もU-NEXTで配信されており、期間の限定はあるものの、何度も繰り返 …

4starオーケストラ 「ピアコンズLIVE」を振り返る。

特別な空間での素晴らしい演奏が大変思い出深い! ピアコンズ:江草啓太、中山博之、甲田雅人 イベント関連の記事がなかなか書けていなかったのですが、ちょうどピアコンズのCDレビューを続けたタイミングなので …

レポート「CHRONO CROSS 20th Anniversary Live Tour 2019」~曲目編~

このライブでの最大の収穫は、新しい音楽への興味の広がりであった! 2020/1/25  中野サンプラザ 出演者:光田康典、サラ・オレイン、梅田千晶、小栢伸五、神永大輔、坂本遥、佐々木直也、壷井彰久、寺 …

シリーズ「PRESS START」を振り返る② 2006年公演

次回への期待が膨らむ、充実したバランスの良いプログラム構成になっている! 2006年 9月22日 / 渋谷Bunkamuraオーチャードホール 第1回目の公演は2006年に開催されました。 プレスタの …

「LIVE A LIVE A LIVE 2018 鶯谷篇」を振り返る。

ボリューミーな内容にファンへの想いを感じさせられた素晴らしいライブイベント! 2018年 9月7日開催 東京キネマ倶楽部 「ライブアライブ」に関連する記事を続けます。 今回はライブレポート記事になりま …