ゲー音Line

ゲーム音楽サントラのレビューマラソン走破への軌跡!

プロキオンスタジオ系イベント ゲーム音楽イベント

『クロノ・クロス』20周年記念ライブを語る。~メイキング#4 DAY5-DAY6編~

投稿日:

メイキング第4弾(ファイナル)公開!DAY5-DAY6編の見どころは?

2020年5月24日~2021年7月24日 U-NEXT配信

メイキングも第4弾ということで、ついに最終回が配信されました。

この記事を書くのも今回で最後になってしまいますが、私としても「クロノクロスライブ」の思い出が色褪せないように、最後までしっかりと記事を書いていこうと思います。

※ 過去のメイキングに関する記事は以下をご参照ください。

第1弾の記事はこちら

第2弾の記事はこちら

第3弾の記事はこちら

第4弾メイキング配信の概要

今回もメイキングとしては異例の長時間動画になります。

その時間は、なんと107分で過去最長です。

せっかくなので合計してみましょう。

第1弾:42分

第2弾:51分

第3弾:100分

第4弾:107分

合計ピッタ300分でした!

すなわち、5… 5時間!!

メイキング動画に5時間!!!!

前代未聞に思えるのですが、ギネス記録はどのくらいなのでしょうか?

調べようとまでは思いませんが…

さて、今回は以下の2公演の楽屋や舞台裏の映像を中心としたメイキング映像となっております。

DAY5:2020年 1月24日 東京 再追加公演 (中野サンプラザ)

DAY6:2020年 1月25日 東京 追加公演 (中野サンプラザ)

再追加公演とは、リハーサル日とする予定だった前日の24日を本公演にすることが急遽決まったという経緯になっております。

いずれもツアーが終了してしまうという寂しい空気感が漂いながらも、「全力で楽しむぞ!後悔の無い演奏をするぞ!」という出演者たちの熱い想いを感じ取ることができます。

配信の見どころ①:楽屋でのはしゃぎっぷりが、とんでもない!


もう、終わりが近いということがこの辺の雰囲気からも漂ってきます。

出演者同士の関係性が、接する時間が長くなることで距離が一層近くなっているということが、まず挙げられると思います。

しかし、それ以上に感じられたのが「もうこのメンバーでやれるのは最後かもしれないから楽しもう!」という雰囲気でした。

正直、「本番前にそんなに燥いで怪我でもしたらとんでもないことになりませんか?」と心配になるレベルの燥ぎっぷりでした。

ただ、悪ふざけというわけではなく、背景には上述のような想いがあったのではないでしょうか。

そして、メンバーの仲の良さだったり、信頼し合っていることだったりというのが、舞台上の素晴らしいパフォーマンスに結び付いていたのだと思います。

にしても、あえて名前を出しますが、ベースの小栢伸五さんの燥ぎっぷりは特に凄いので、そこも見どころです。

ギターの坂本遥さんとドラムの山本真央樹さんもなかなか…

皆さん、若いですもんね。

ギターの佐々木直也さんは、ちょっとノリが異なったりして、そこも楽しめました。

見どころ②:最終公演への出演者の意気込みが聞ける!

いよいよ最終公演本番!というタイミングでコメントを取るという抜かりの無さ。

出演者によって若干タイミングは異なるようですが、本番20分前にコメントしている出演者もいらっしゃいました。

こういう一瞬の気持ちをしっかりとキャッチするのは、私としても大事なことだと思います。

「このとき自分はもう会場に…」なんて考えるのもまた、気持ちが高ぶってくるものがありました。

そして、これらのコメントからも上述の寂しさや熱い想いが伺え知ることができました。

見どころその④:エンドロール


メイキングなのにエンドロールですが、これがまた感動的でした。

エンドロールといっても、次々と名前が出るわけでは無く、出演者一人のお名前に対して惜しみなく時間を使って、本番での演奏映像と合わせてご紹介されていきます。

出演者一人一人への光田さんの敬意だったり、愛情を感じ取れので、非常に感動的でした。

こういったものを視聴することで、出演者のバンド活動等にも目を向ける人が多く出てくるのではないかと期待してしまいます。

まとめ

メイキング動画を視聴し終え、思いましたのは「クロノクロスライブの何が良かったか?それはやっぱり出演者一人一人が輝いていることだな!」ということです。

それは、光田康典さんが譜面作成の段階から出演者の方全員にしっかりと目を向け続けたことで、実現したことだと思っています。

光田さんの「音楽へのこだわり」、「人への優しさ」の2つが終始存分に感じられました。

ゲーム音楽の作曲をされる方は、光田さんに限らず、こうした傾向を持っている方が多いように思います。

だからこそ、人間味溢れる美しい音楽が生まれ、物語を大いに彩り、我々を魅了するのではないでしょうか。

私自身もクロノクロスのライブそのものだけでなく、こうしたメイキング映像からも、ゲーム音楽に纏わる多くのことを学んだ気がしています。

「またこのメンバーでやりましょう!」という言葉が繰り返し出てきていましたが、またこのような機会がありましたら絶対にまた観客として行き、多くのものを感じ取りたいなと感じました。

なお、当ブログのクロノクロスライブ関連の記事は最終回ではなく、もう少し続きます。

出演者の皆様のCDレビュー記事を以前に何枚か取り上げさせて頂きましたが、実はまだ記事を書いていないものがあります。

私は、ライブやコンサートを1公演でも多く開催して頂きたいと思っております。

そのためにも、このように出演者の作品についても紹介させて頂くことは大切なことであるように感じております。

なので、これからもお付き合い頂ければ嬉しく思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

↓↓↓↓メイキング配信はこちら↓↓↓↓

U-NEXTクロノクロスライブ配信特設サイト

-プロキオンスタジオ系イベント, ゲーム音楽イベント
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レポート「『聖剣伝説3』25th Anniversary Orchestra Concert」

楽曲の魅力を紐解いて、素晴らしさを再認識させられるようなアレンジに注目! 2021年6月26日 / 東京芸術劇場(配信) コンポーザー:菊田裕樹 アレンジャー:宮野幸子 今回は、先日配信形式で開催され …

レポート「ロマンシングサガ オーケストラ祭」

聴きどころ満載の素晴らしいオケアレンジに唸る! 2020年2月16日/東京芸術劇場 作曲/ゲスト:伊藤賢治 指揮:内藤彰 演奏:東京ニューシティー管弦楽団 編曲:山下康介、真部裕、亀岡夏海、タカノユウ …

「LIVE A LIVE A LIVE 2019 新宿編 ~25th Anniversary~」を振り返る。

終わらないライブアライブ熱を感じさせられた夏の終わりの日。 2019年 8月31日開催 新宿ReNY 「ライブアライブ」関連の記事が続きましたが、ひとまず一区切りになります。 来年またライブレポートを …

視聴後レポート【TGS2021】教育番組「世界のOKABE」

ゲーム制作のリアルを感じられるという、貴重な体験ができる! 出演者:岡部啓一、ヨコオタロウ、斎藤陽介 TOKYO GAME SHOW 2021 スクエアエニックス 前回から引き続き、スクエニのTGS配 …

レポート「CHRONO CROSS 20th Anniversary Live Tour 2019」~曲目編~

このライブでの最大の収穫は、新しい音楽への興味の広がりであった! 2020/1/25  中野サンプラザ 出演者:光田康典、サラ・オレイン、梅田千晶、小栢伸五、神永大輔、坂本遥、佐々木直也、壷井彰久、寺 …