ゲー音Line

ゲーム音楽サントラのレビューマラソン走破への軌跡!

ゲームレビュー

「オクトパストラベラー」を振り返る。

投稿日:2020年2月23日 更新日:

”懐かしく、新しい”感覚こそオクトパストラベラーの強みだ!

2018年 7月 13日 発売 / スクエア・エニックス

そのゲーム性等で大いに話題になったオクトパストラベラーを振り返ります。

例によって、サントラレビュー前の布石となる記事になります。

全体像

基本的には、グラフィックを中心にゲームが進化したこの時代に、

「ゲームの楽しさとは何だ?」と問い、それに答えを出すべく挑んだゲームであると捉えています。

そのためにこのゲームの特徴としては、私は以下の2点であると考えています。

① 気軽に遊べるゲームであること

② ゲームシステムを重視したゲームであること

①につきましては、そもそもハードがNintendo Switchとうことで、携帯性があるので据え置きゲーム機程は場所を問いません(言うまでもなく、ソーシャルゲームには及びません)。

そして、ムービーや演出が短く、ゲームをしている時間の方が長いというのも気軽さに結び付いていると思います。

②につきましては、ジョブシステムを基調としたキャラクターの育成システムや、じっくりと考えるタイプのコマンド式バトルという点で楽しさを感じ易くなっているように感じます。

と、これだけではただの古臭いゲームなのですが、

それぞれに新しさをしっかりと伴っているというところが、このゲームの最大の強みなのではないでしょうか。

”新しさ”とは

まず、演出面ですが、ボスバトルに入る部分の演出が長くはないのですが、その中でも印象に残る様に作られています。

ジョブシステムもキャラの特性や、組合わせのバランスを考えなくてはいけないように作られていたりしていて従来のものと同じではありません

戦闘もBPと呼ばれる攻撃アクション等を強化する概念で戦略性がジョブシステムや固有スキルと相まって更に広がっています。

さらには、グラフィック面でもドット絵でありながら背景画では現代ゲームの技術も加え、全く新しいものになっています

特に、水や光の表現は圧巻です。

要するに過去のゲームの楽しかった部分や良かった部分を抽出して、そこに現代的なアレンジを加えたことで、

どこか懐かしく、でも新しいというゲームが出来上がっているわけです。

それはもう、プレイしていて楽しくて仕方がないわけですが、その中で私が特にプレイしていて楽しかったのが裏ボス戦です。

まず裏ボス戦までの戦略を練るのが楽しいですし、戦闘自体もギリギリの攻防を楽しめて、倒した時の達成感や爽快感は素晴らしいものがありました。

そして、これまで黙っていましたが音楽がまた素晴らしいのです!

というわけで次回、当ブログではこれが本題なのですが、音楽のお話が出来れば良いなと思います。

-ゲームレビュー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲーム&音楽レビュー「Final Fantasy 7 Remake」体験版

原曲がどのように生まれ変わるのか、そして主題歌にも注目! コンポーザー:植松伸夫 編曲:浜渦正志、鈴木光人 体験版が配信され話題になっておりますが、私も迷うことなく体験させて頂きました。 この記事では …

「Final Fantasy 10」を振り返る。

FF10の物語に引き込ませるものとは? 2001年7月19日発売 / スクエア・エニックス 本日は『全ファイナルファンタジー大投票』がいよいよ放送日ということで、 作品部門で一票を投じたほど、私にとっ …

コミック書籍「Pollyanna」を読み『MOTHER』の魅力を再考する。

『MOTHER』シリーズ特有の「なんかイイ感覚」の正体は? 2020年 6月25日 発売 / ほぼ日 ゲームレビューなのか、コミックレビューなのか、カテゴリーが微妙なところではあるのですが、素晴らしい …

「ペルソナ5」を振り返る。

ストーリーやゲーム性の思ひ出と、無粋な管理人の嫁発表。 2016年9月15日発売 / アトラス 最新作の発売が迫っているので、ペルソナ5(以下P5)について少し話してみようかと思います。 全体像 P5 …

クリア直後レビュー「Final Fantasy7 REMAKE」

リマスターではなく、リメイク作品であることが示されている意欲作! 2020年 4月10日発売 / スクエアエニックス 早くもクリアしました。 プレイして幸福を感じましたし、楽しさに溢れた時間を過ごすこ …