ゲー音Line

ゲーム音楽サントラのレビューマラソン走破への軌跡!

ゲーム音楽関連アーティスト その他音楽レビュー

レビュー「atmosphere」/ 佐々木直也

投稿日:2020年3月12日 更新日:

作曲:佐々木直也

クロノクロスライブでも垣間見えた繊細な指使いが感じられるソロ作品!

『クロノクロス』20周年記念ライブツアーに出演されたアーティストのCDを聴いてみよう企画です。

第二弾はギターリストとして出演された佐々木直也さんをもっと知りたい!

というわけで、こちらのソロ作品を聴いてみました。

どうやら作曲も自身で手掛けてらっしゃるようです。

全体像

まず、タイトルの「atmosphere」ですが、これは「大気」や「空気」といった意味を持つ英語です。

こうした意味からCDの雰囲気を想像してみますと、澄んだ爽やかなサウンドで伸びやかな旋律の曲が並んでいるようなイメージがします。

あるいは、空気を読めない私という人間のような、ドロドロとした感じでしょうか。

後者は無いと思うのですが、とにかく興味が湧いてきます。

ギターリストのソロ作品というのは、なかなか珍しいです。

その存在自体は知ってはいたのですが、私自身聴いてみるのはこちらのCDが初めてとなります。

ギターソロ作品のがどういうものだろうと考えたときに私が想像していたのはこのようなものでした。

1.インストゥルメンタル作品である。

2.ヴォーカルの居ないバンドサウンドで、主役がギターである。

3.ギターが主旋律を弾いている。かつ、ソロパートもある。

「そりゃ、そうだろう」としか言いようのない3項目が並んでいますが、実際のところ主旋律もソロパートもあると想像したときに、どのような構成になるのかが想像しにくかったです。

では、実際に聴いてみたので答え合わせをしてみます。

1.インストゥルメンタル作品である。 

⇒ 正解!

2.ヴォーカルの居ないバンドサウンドで、主役がギターである。

⇒ 不正解!

バンドサウンドの曲もあったのですが、打ち込み系の曲がありました。

3.ギターが主旋律を弾いている。かつ、ソロパートもある。

⇒ 不正解!

正にその通りの曲もありましたが、こちらも曲によりました。

というわけで、各曲目について書かないと埒が明かないので、話を進めていきます。

収録曲

1.Insomnia killer

2.D.A.D

3.蓮

1.Insomnia killer


タイトルを直訳すると「不眠症殺し」です。

「不眠症?いや、むしろ寝るな!アゲていこうぜ!」といったような感じでしょうか。

アップテンポの曲で、「寝るんじゃないぞ」と言われているかのように、しばらくの間アゲアゲな打ち込み音が続き、どこまでアゲていくのかな?と思っているところに佐々木さんの魅惑的なギターが入ってきます。

これが凄いんですよ。

ギターの音が入るとそこはもう、まどろみの世界に入ってしまうような落とされ方をします。

おそらく、弾むような打ち込み音が続いた後に、伸びやかなギターが入ってくるからだと思うのですが、ただ弾いたのではこういう感覚にはならないと思うのです。

音の継ぎ目を感じさせないような伸びやかさで、この辺は佐々木さんのテクニックによるものなんだろうなと私は感じました。

2.D.A.D


曲名の意味がさっぱり分からず、むしろ意味があるかどうかも分からなかったのですが、調べてみると自動車パーツのブランド名が出てきました。

それを踏まえてこの曲を聴いてみると「煌びやかな夜のドライブ」といった情景が思い浮かびました。

曲調やテンポが変化するのが特徴的ですが、その辺が景色だったり走行速度の変化だったりを表わしているのでは?などと妄想が捗ります。

3.蓮


植物の「ハス」ということで良いのでしょうか?

バンドサウンドなのですが、ややローテンポでメロディアスな旋律なので、花を思わせるような暖かみがあります。

この曲は衝撃でしたね。

主旋律をギターで弾いているのですが、どうやってその音作ってるの?と思うくらい、聴いたことの無い音です。

まるで歌っているかのように感じさせます。

そして、間奏で柔らかみのあるギターソロも聴かせてくれます。

この曲が最も佐々木さんのギターを感じられます。

まとめ

ちょっと変わったCDで馴染み易さがあるとは言い難いですが、聴いてみて良かったなと私は思っています。

というのも、伸びやかさだったり、柔らかみだったりといった佐々木さんのギターテクニックを感じ取ることができたからです。

特に指板を押さえる繊細な指使いを感じ取ることができます。

こうした繊細さはクロノクロスライブでは特にアコギの指弾きで感じましたが、こちらのCDでも聴きどころの1つなのではないでしょうか。

冒頭で触れましたタイトルの「atmosphere」についての私なりの答えですが、これは各楽曲のイメージというよりは、こうした佐々木さんの指使いを連想さえる言葉のように思いました。

-ゲーム音楽関連アーティスト, その他音楽レビュー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レビュー「s p a c e [ s ]」 / Survive Said The Prophet

FF7 REMAKEテーマソング「Hollow」とはまた異なる素晴らしいシャウトと、アルバムのテーマである”距離感”に注目! 2018年 9月25日 リリース 「FF7 REMAKE」のテーマソング「 …

レビュー「MONOGATARE-EP」/ 森 空青

「ライブアライブ」にも通ずる”熱さ”を感じられるコンセプトアルバム! 参加アーティスト:STEVIE、増倉義将、小寺可南子、原田謙太、時田貴司 今回は久々にゲーム音楽に関連したアーティスの作品をご紹介 …

レビュー「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編 」オリジナルサウンドトラック

サントラをあまり聴いたことのない方でも楽しめる豪華なサウンド! コンポーザー:椎名豪、梶浦由記 今回はゲームサントラではないのですが、ゲーム音楽においても著名な椎名豪さんを中心にサウンドを制作されまし …

レビュー「AREA」 / DEZOLVE

クロノクロスライブを支えたリズムセクションのメンバーは、自身のバンドでも凄まじいパフォーマンスをしている! DEZOLVE:北川翔也、友田ジュン、小栢伸五、山本真央樹 『クロノクロス』20周年記念ライ …

レビュー「4つのL」/平原綾香

「Music」はまるで「Reset」のアンサーソング?平原綾香の”大切な祈り”を掘り下げる。 2006年3月22日リリース  大神主題歌「Reset」収録 大神主題歌である「Reset」を聴き、平原綾 …