ゲー音Line

ゲーム音楽サントラのレビューマラソン走破への軌跡!

ゲーム音楽ニュース

【ゲー音ニュース】入手困難な「moon」サントラが受注販売決定! 6/25まで予約受付中!

投稿日:

今こそゲームもサントラも楽しめる絶好の機会!

予約期間2020年5月25日~6月25日 2020年10月発送予定

販売サイトはこちらです。

前より2020年春にサントラ発売予定!という情報はありまして、非常に気になっておりました。

実際の発売は10月のようで、現在は予約が開始されたという状況になっております。

完全受注生産という、いかにもファンの声に応えるような熱い話題となっておりますが、予約期間が限られていますので注意が必要です。

「moon」と私

私は少なくとも発売当初は「moon」というゲームは全く存じあげませんでした。

初代プレステで発売されたゲームタイトルということで、世代的には知っていても不思議では無かったのですが、私の周りでは話題になっていませんでした。

では、どこで知ったかと言いますと、これもはっきりはしていません。

インターネットの書き込み(Twitterか某掲示板?)で名作として挙げている人が多く、そういった中で認知したのだと思います。

そして「moon」というシンプルかつ意味深なタイトルだったり、怪しげなゲームのジャケットだったりに惹かれて興味を持つに至ったわけです。

気になるゲームということで、当然のように私はサントラにも目が向くわけですが、これが希少で価格が高騰しており、諦めてしまっている状況でした。

「サントラが手に入らないならゲームもプレイすることは無いな、そもそもゲーム自体も同様に入手が難しいし」なんて考えており、なるべく目を向けないようにしている程でした。

しかし、状況が一変しました。

ニンテンドーSwitchで「moon」配信開始!

サントラも発売予定!

2つの絶望的な状況を一気に解決するニュースが私に飛び込んできたわけです。

サントラも出るならゲームもやってみるしかない!ということで、ダウンロード購入しました。

いざ「moon」をプレイしてみたが…?

ゲームプレイに関しては現在のところ途中まで(おそらく半分程度)しかプレイしておりません。

今後続きをプレイするかどうかも決めかねております。

ヒントが少ないため、サクサク進めるのが難しく、プレイにもたついてしまいました。

その間にもっとプレイしたいゲームが続々と発売されてしまっていて「moon」のプレイ機会を失ってしまっているのがその理由です。

そして、いざタイミングが来ても、「moon」のゲームの性質上、時間を置いてしまうと状況が分からなくなってしまうというのも再開を躊躇させてしまうだろうというのも予測はしております。

なので、ゲームレビューについては書けるような立場に無いのですが、とにかく唯一無二の独特な世界観があること、ゲームシステムが斬新であること感じ取ることはできました。

本来であればどんな世界観?システム?というところを掘り下げる必要があるのですが、未クリアである上に、こちらはニュース記事なので割愛させて頂きます。

「moon」の音楽と今回のサントラの概要

音楽も独特です。

と言いますか、そもそも基本的にはBGMが非常に少ないゲームです。

BGMというよりも効果音による演出が非常に大きな部分を占めているのが「moon」というゲームなのかなという印象まで持っています。

そうなると「サントラ?」という話になり、ましてや「5枚組!?」とパニックに陥るわけですが、音楽が存在しないわけではありません。

「moon」の音楽は、ゲーム内で「Moon Disk」なるものを入手するという形になります。

そして、その入手した「Moon Disk」をプレイヤーが任意でBGMとして流すとことができるという、非常に変わったシステムになっています。

これら「Monn Disk」音楽は様々なアーティストが手掛けております。

例えば、植松伸夫さんと光田康典さんが手掛けた楽曲もあります。

一方で版権が複雑になっているという事情があり、最初に販売されたサントラでは多くの曲が未収録となっておりました。

今回の受注CDはそれらの曲が全て収録されているという文字通り完全版になっております。

「Moon Disk」以外にもゲーム内でのBGMは使用される場面こそ少ないですが、存在しております。

タイトルBGM等がそれに当たります。

そして、これらの楽曲についても、今回の受注サントラに漏れなく収録されているようです。

完全版を謳っているだけに、隙の無い編成で、価格に見合った非常に価値の高いサントラとなっていることが期待されます。

加えて、ファンには嬉しいスペシャルギフトまでもがついて来るそうなので、そういった楽しみまであります。

まとめ

今まで「moon」のサントラが欲しくても手が出なかったという私のような方は、今回がラストチャンスだと思って迷わず購入した方が良いと思います。

手元に届くのは10月とまだ時間もありますので、Switch版のゲームの方もプレイしてみるというのも粋だと思います。

未プレイの方はもちろん、プレイ済みの方も再プレイして10月に向けて気持ちを高めてみてはいかがでしょうか?

-ゲーム音楽ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

配信コンサートイベントへの期待と課題を考える。

配信コンサートが受け入れられるためには何が必要か? ここ数日の間に配信によるコンサートイベントを立て続けに視聴する機会がありました。 それらのレポート記事をまとめる前に、「そもそも配信イベントはどうな …

『東京五輪2020』開会式にてゲーム音楽が使用された件を振り返る。

受け取り方は様々、しかしゲーム音楽への関心が高まる良い機会になるかもしれない。 東京五輪2020開会式:2021年7月23日 / 東京国立競技場 2021年7月23日、東京国立競技場で開催された東京オ …

「ライブアライブ」公式生放送配信!気になる実機プレイ映像や音楽の中身はいかに?

フルプライスでも安価過ぎると思わせる程の本気過ぎる豪華リメイクだった! 2022年5月20日配信 出演:時田貴司、下村陽子、ノブオ 約2年ぶりに「ライブアライブ」公式生放送が配信されました。 前回の放 …

ゲー音ニュース『クロノクロス』LIVE Blue-ray発売決定!!

20周年記念ライブ公演から1年経過した本日、待望の映像化作品を発表! 2020年の1月25日、『クロノクロス』20周年記念ライブツアーの最終公演が中野サンプラザで開催されました。 あれから1年の時が経 …

【ゲー音ニュース】「聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ」パッケージ版サントラの発売日が決定!

発売延期となっていたパッケージ版の発売日が2020年6月3日に決定。 ここ数日間書いているサントラレビュー記事の進捗状況が芳しくありません。 このままでは更新頻度が大きく減ってしまうという危機感を抱え …